フラフラ!夏バテを防ぐ工夫とサプリメント

男女

更年期を乗り越えよう

困る

女性に起こる症状

更年期とは、性の成熟期から生殖不能期へ移行する、45歳〜55歳ぐらいの期間を指します。女性の場合、平均で51歳あたりで閉経を迎えるといわれており、この時期に起こる体の不調が更年期障害と呼ばれています。更年期障害の原因は、女性ホルモンのうちのエストロゲンの量が減少することです。加齢に伴う卵巣機能が低下することによって起こります。エストロゲンの量が減少すると、自律神経中枢に影響を及ぼしたり、この年代に起こりやすい心理的ストレスなども加わって、自律神経失調や情緒不安定な症状が混在してあらわれるのが更年期障害です。ホットフラッシュと呼ばれる、顔ののぼせやほてり、発汗、憂鬱な精神症状が代表的な症状です。

回避する方法は

更年期障害の症状を回避する方法として、ひどい場合はホルモン補充療法などの薬物治療が行われますが、基本的には生活習慣や環境の改善を図ります。自律神経を整えるために、ストレスを軽減し、バランスのよい食事、規則正しい生活をするように見直すことも大切です。また、食生活において大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンを積極的に摂取することもおすすめです。大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きがあり、更年期障害の症状を軽減する効果が期待できるからです。最近では大豆イソフラボンをより摂取しやすいように、サプリメントも多く販売されています。摂取しやすい方法で体に取り入れ、またそれを定期的に続けることで、美容や健康面での効果を実感することができます。

Copyright© 2015 フラフラ!夏バテを防ぐ工夫とサプリメント All Rights Reserved.